ちょっと並べてみました。

IMG_0900.jpg
IMG_0899.jpg
左がTL250。右がXL250改。
言い換えれば、左が本物で、右が偽者。
写真で見ると、XLのほうが小さく見えますね。
確かに車高は低いです。
でも、実際に見てみるとTL250のほうがスリムで軽そうです。
XLは全体的にどっしりとした感じです。

TL250再び

TL250r
TL250。
やはり軽いです。
XL250改と比べると何もかもが違いました。
キャスター角の違いもあるのでしょうが、ハンドルも軽いです。
わずかな差だと思うのですが、ずいぶんスリムです。
ここまで違うのかと驚いている次第です。
TL250のフレームを手に入れてから、エンジンを探していました。
今回手に入れた車輌は、フレームに改造が施されており十分な状態ではありません。
そんなこともあり、高騰することなく手に入れることができました。
なので更にお金をかける気がおきず、デポから保管場所までの約16キロを熱中症と戦いながら押して運びました。
この後は、XL250改とTL250との現車比較をしておこうと思っています。

スイングアームの予備をメンテ

suikako1.jpg

suikako2.jpg


ギトギトに汚れたスイングアームを再生することにしました。
ネジ類の固着が気になっていましたが、比較的簡単に外すことができました。
私は二人乗りはしないので、タンデムステップは不要。
貴重なチェーンテンショナーは最後にします。
とにかく1日かけてワイヤーブラシで磨きまくりました。
まだまだ磨きこまないと塗装できそうにありません。
まあいつものように、ゆっくりと作業していきます。

部品保管

si-to1.jpeg

si-to2.jpeg

si-to3.jpeg

XL250K3のシートですが、画像のとおりひどい状態です。
裏側はサビでボロボロ。
シートとしては使えませんが、捨てる前に使えそうな部分だけ保管しておきます。
荷台のステーなどに使えそうです。

ツーリング用タンク

TL250よりも容量の大きいタンクです。
CB125のガソリンタンクになります。
11リットル入るとのことなので、一度満タンにすれば、ざっと300キロは走ってくれます。
取り付けるには、タンクを固定するフレームから出ている突起を少し切らなければいけません。
切り落とすと、タンクをフレームに載せることができます。
TL250のタンクと同様、フレームにただ乗せるだけになりますが、バランスとしては悪くないかな?と思います。
リアフェンダーはそのままで使えそうなので、ツーリング仕様として着せ替えできるようにしようと思います。
シートも作らなくっちゃ。
ついでに、自転車のスピードメーターを取り付けました。
キャッツアイのベロ9です。
タイヤの外周が入力できます。
スピードも199キロまで表示可能。
使ってみましたが、速度表示のレスポンスが悪いので、速度計には使用できないですね。
信号で止まると、3秒後に0キロになる感じです。
ただ、時計が欲しかったことと、スピードメーターを小型のものに付け替える予定なので、給油の目安となる走行距離を確認するためにも必要でした。
キック始動については、ネットでいろいろと調べたり、イメージトレーニングをしたからか、数回のキックでエンジンがかかっています。
この調子でいければなあと思っています。
image.jpg

sono2.jpg

sono3.jpg

sono4.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。