スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部品も条件も揃ったので!

涼しい朝を迎えるとバイクで走りだしたくなります。
走りたいと言う欲求が、重い腰を押し上げてくれました。
条件は99パーセント揃いました。(あとの1パーセントは12ボルト化の部品)
フレームも塗装はそのままで使用することに。
どう考えても、メーカー塗装の方が強い。
気合入れて塗り替えたとしても、1年後にはボロボロという可能性の方が高いです。
部品取車を1台ゲットできたのもよかった。
ひとまずは汚れを落として、一つ一つの部品を組んでいくことにしました。
完成後、予備部品をきれいにして付け替えていく作業に移っていこうと思います。
IMG_7594.jpg
IMG_7596.jpg

今回は、スイングアームとリアホイールを取り付けました。
リアまわりについて記録を残しておきます。
「TLR200のスイングアームとリアホイル」は、スイングアームとフレームの取り付けにワッシャー1枚程度の隙間ができます。
シャフト径もTLRの方が若干太い感じのガタがありました。
またこの場合、リアショックが逆ハの字気味になります。
「XL250のスイングアームにSL250のハブ、ホイール」は、ハブの幅がXLよりもあるので、スペーサーを外してワッシャーで調整する必要があります。
上記2点は、それぞれ改善策で対応できそうですが、やはり本来のXL部品が安心です。
ちなみに現在のところ、XL350とXL250のフレームは、ほぼ同じ物と思われます。
作業は、仕事が終わってからの1時間くらいしかありませんが、少しずつ進めていきます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

始まりましたね~

磨かれたんでしょうが、塗装は艶が有ってキレイですね。
とても40年?ほど前のフレームとは思えません。

古いなりにきれいだと思います。
本当はピカールで皮一枚はがそうと思いましたが、布拭きだけにしました。
どう考えても自家塗装では、ここまで厚塗りはできそうにないですね。
10月はじめくらいには乗れるようにしたいと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。