スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TLR250のフロントフォーク

1111.jpg
TLR250のフロントフォークです。
1112.jpg
ステムは、もう一度やり直してTLR200に交換。
早速付けようと思ったら、フォークがきつくて入りません・・・(涙)
TL200の時もそうでしたが、古いバイクは何かと問題があります。
しばし良い方法は無いかと思案して思いつきました。
1113.jpg
まずステムのネジを反対につけます。
1114.jpg
そして適当な鉄の板を挟んでぐりぐりとねじ込みます。
鉄板にネジが当たったら、ほんの気持ちだけねじ込みます。
するとフォークはスルスルと入って行きます。
1115.jpg
フロントタイヤは、ひとまずTLM50の物を仮付け。
リアショックは、XL125K2。

形になってきたので、そろそろ駐車場に出して作業をしようと思います。

直しておきたい問題は、スイングアームのシャフトは、XL350の方が太い感じです。
すこしガバガバします。

と、現在こんな感じで進んでいます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

素晴らしい

ちょっとした事ですが本当に良いアイデアですね。これならキズを付けずにスマートにフロントフォークが付けられますね。
で、フロントフォークも年式の割にキレイで程度が良さそう。
これからどうなって行くのか、ますます楽しみです。
スンマセン外野は気楽で・・・

おはようございます!
フォークを止めるネジが貫通していたのでできました。
フォークも安価でもできるだけ程度のよさそうなものを探しました。
オイルが滲むので要メンテですが。
エンジン載せ加工は覚悟していましたが、その他のパーツがどの程度の加工で付くかが心配でしたので、ほっとしてます。
まだまだ時間はかかりそうなので、細部の調整をしっかりやっておこうと思っています!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。