FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無知は無知なりに

muti.png
普段の使用に耐えられるように、コツコツと調整しています。
タペット調整は、一区切りついた感じです。
始動性の悪さは変わらず。
ガスが濃い感じでしたので、油面の調整をしてみました。
ウィンカーの接触も悪かったので、接点の掃除。
結果は、ウィンカーも復活して、エンジンの調子も良い感じ。
低速でもエンストせずにトコトコと走ってくれます。
シフトを上げていっても、アクセルがちゃんと着いて来てくれている感じ。
後は、エンジン始動のクセをつかむだけ!と思っていたのですが、そうは行きませんでした。
どんな状態でも、エンジンを一度切ると再始動してくれません。
ナマガスを排出してみたり、上死点をさぐってみたり。
単気筒エンジンの儀式みたいなことを何度も何度も繰り返して試してみましたが、まったくダメでした。
エンジンがかかる感触がまったくつかめない。
かかるときは一気にかかる。
大体30分くらいキックすると1回はかかる感じです。
エンジンが冷めているとか、ナマガスの影響なんて感じじゃない。
無知なりに考えて考えて「コンタクトブレーカー」かな?と言うところに行き着きました。
この調整方法が、サービスマニュアルではさらっと書かれているだけ。
ネット見たりしながら調べてみます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。