本塗り

furesita1.jpg
furehonn1.jpg
suingu111.jpg
suingu112.jpg
suingu3.jpg
syafuto1.jpg
furenado.jpg
ちまちまと進めています。
下地処理をしっかりできなかったのですが、せめて本塗りくらいはしっかりと仕上げてみようと思い、じっくりと取組んでいます。
スプレー缶は厚塗りができないので何回も何回も重ね塗り。
色はニッサンのトワイライトグレーを選択しました。
平行してスイングアームの剥離と塗装。
作業は塗りと乾燥の繰り返しです。完全に乾燥する前に重ねたほうが良い感じたと思っています。
その合間に気になっていた部分の寸法確認。
XL250K3のフレームにTLR200のスイングアームが取り付けられそうなことは、現物合わせで確認済み。
同様に、XL250K3のフレームにTL250のスイングアームが取り付けられそうなことも、現物合わせで確認できています。
そして、TL250のフレームにTLR200のスイングアームが取り付けられそうなことも確認してあります。
ただ、現物合わせだけでは確認できない微妙な寸法違いがあったら心配だと思っていました。
フレームとスイングアームを繋ぐシャフト径だけでもちゃんと確認しておきたかった。
この作業の合間に、TL250、TLR200、XL250のシャフト径を測ってみたところ、どれも12ミリでした。
TL250への流用として、TLR200のスイングアームは使えそうです。
ただスイングアームの巾が、TLR200のほうがすこし狭いことと、チェーンラインが未確認なのでまだまだ検証していく必要があります。
スポンサーサイト

しまった!

FT21.jpg
ft22.jpg
ft23.jpg
剥離作業もほどほどに、サビ止めを下地塗装しました。
脱脂するの忘れました。
と言うか、めんどくさくなったのと早く塗り上げたい欲求に負けてしまいました。

フレームの塗装開始

fure1
TL250のフレームの塗装を剥離中。
fure2
fure3
fure4
剥離剤が肌につくとヒリヒリします。
結構な重労働ですが、しっかり作業すればそれだけの結果がでますので、がんばります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。