部品保管

si-to1.jpeg

si-to2.jpeg

si-to3.jpeg

XL250K3のシートですが、画像のとおりひどい状態です。
裏側はサビでボロボロ。
シートとしては使えませんが、捨てる前に使えそうな部分だけ保管しておきます。
荷台のステーなどに使えそうです。
スポンサーサイト

ツーリング用タンク

TL250よりも容量の大きいタンクです。
CB125のガソリンタンクになります。
11リットル入るとのことなので、一度満タンにすれば、ざっと300キロは走ってくれます。
取り付けるには、タンクを固定するフレームから出ている突起を少し切らなければいけません。
切り落とすと、タンクをフレームに載せることができます。
TL250のタンクと同様、フレームにただ乗せるだけになりますが、バランスとしては悪くないかな?と思います。
リアフェンダーはそのままで使えそうなので、ツーリング仕様として着せ替えできるようにしようと思います。
シートも作らなくっちゃ。
ついでに、自転車のスピードメーターを取り付けました。
キャッツアイのベロ9です。
タイヤの外周が入力できます。
スピードも199キロまで表示可能。
使ってみましたが、速度表示のレスポンスが悪いので、速度計には使用できないですね。
信号で止まると、3秒後に0キロになる感じです。
ただ、時計が欲しかったことと、スピードメーターを小型のものに付け替える予定なので、給油の目安となる走行距離を確認するためにも必要でした。
キック始動については、ネットでいろいろと調べたり、イメージトレーニングをしたからか、数回のキックでエンジンがかかっています。
この調子でいければなあと思っています。
image.jpg

sono2.jpg

sono3.jpg

sono4.jpg

朽木ルートを再挑戦

昨日は仕事が休みでしたので、XL350改250で朽木ルートを再挑戦しました。
岩倉の自宅から途中越え、朽木を経由して安曇川から161号線、和邇浜から途中越えを抜けて帰宅。
ざっと120キロ。
走り始めてすぐに、オイル量の確認のためにコーヒータイム。
コーヒーを飲んでから、オイル量を確認すると適正量だったため一安心。
自宅前は、急な坂道なのでオイル量の確認があやしかったのです。
さて再始動しようとすると、やっぱりエンジンがかからない。
何度やってもかからないので、坂道を利用して押しがけしました。
こうなると止まるのが面倒になり、走っている間も気持ちはすっきりしません。
TL250のガソリンタンクは、3.8リットルなので100キロを目安にガソリンの給油が必要です。
出発時に、すでに14キロ走行していたので、帰路の途中越えで確実にガス欠になります。
再始動が気になりますが、和邇浜付近のガソリンスタンドで給油し、横のコンビニで一休み。
さあ出発!と思っていてもやはりエンジンはかかりません。
緩やかな坂道を利用して押しがけするも、リアがロックされてタイヤが回らない。
で、もう一度キックしてみるとバルルン!と始動。
もしかして、エンジンがかからないのは上死点を見極めきれていないからか?
エンジンの再始動以外は特に問題もなく、どこまでも走れそうなので、今回の試走は合格点でした。
ちなみに燃費は36リットル。
一度、バイアルススタイルを捨てて、ツーリング用にタンクを変更してみようかとオークションを徘徊中です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。