今日は細かい作業

今日は、フロント周りを整理しました。
TL250のタンクに対して、XL250の純正ハンドルは少々大きい感じがしましたので、トライアル用のハンドルに交換しました。
フロントのライトやメーター周りも仮付。
ハンドルに付くスイッチ類は、回転防止用の突起が出ているので、後日ドリルにて穴あけの必要があります。
テールランプは、TL125バイアルスの物を取り付けることにしました。
あまり変わり映えしませんが、一応記録写真を撮っておきました。
それにしても足つき抜群です。
やはりこれが理想だったのだと実感です。
IMG_7627.jpg
スポンサーサイト

エンジン載せました。

腰の具合もまあまあでしたので、結局エンジンを載せてしまいました。
IMG_7621.jpg

エンジンを載せると、やっぱりタンクとシートをのせてみたくなりましたので、載せてみました。
IMG_7623.jpg

このスリムなスタイルがなんとも言えません!
IMG_7624.jpg

フロント周り

腰痛なんのその!
部品取車からエンジンを降ろしましたので、フロント周りを移植しました。
作業場も、明日から屋内某所から地下駐車場へ移動です。
XLのフロントホイールをフォークから取り外そうと試みましたが、どこかXLRやXLXと違う・・。
意外と外しにくいので、そのままにしてステムからフォークごと抜きました。
IMG_7617.jpg
IMG_7619.jpg

リア周りの続き

IMG_7612.jpg
IMG_7613.jpg
金曜日の夜は、エアクリとマフラーを移植しました。
本当に、なかなか良い部品取車です。
部品の欠品がない事がすごく気持ちがいい!
IMG_7616.jpg
そして今夜は、エンジンを部品取車から降ろす計画でした。
しかし・・・。
順調に作業が進むものの、エンジンを降ろそうと腰を入れると「ぐきっ」とやってしまいました・・。
少しくせになっている腰ですが・・・、十分注意しているつもりでしたが・・・。
しばらく力仕事はできそうにありません。
しかし、こんな時のためにあるのが細かい仕事です。
はずしたキャブレターと、ハーネスをしっかり掃除して置こうと思います。

ステップなど

昨日はステップとリアブレーキ、チェーンガードを取り付けました。
欠品なしの部品取車を手に入れて正解でした。
これがなかったら、ネジをどうしようかとか、どれを流用しようかなどとなかなか進まなかったでしょう。
手持ちの部品と、部品取車の部品を見比べて、良い方を取り付けていく予定ですが、断然部品取車のほうがきれいでした。
XL350のフレームに移植していく単純作業ですが、車種が同じでも、元のフレームになじんだ部品を別のフレームに移植するのは意外と苦労します。
ステップ一つ取り付けるのも、ネジが固く入っていきません。
作業できる時間が短いので気持ちは焦りますが、1日の作業内容を少なく予定しているので、なんとか丁寧に進めています。
IMG_7607.jpg
IMG_7609.jpg
IMG_7608.jpg
IMG_7610.jpg

部品も条件も揃ったので!

涼しい朝を迎えるとバイクで走りだしたくなります。
走りたいと言う欲求が、重い腰を押し上げてくれました。
条件は99パーセント揃いました。(あとの1パーセントは12ボルト化の部品)
フレームも塗装はそのままで使用することに。
どう考えても、メーカー塗装の方が強い。
気合入れて塗り替えたとしても、1年後にはボロボロという可能性の方が高いです。
部品取車を1台ゲットできたのもよかった。
ひとまずは汚れを落として、一つ一つの部品を組んでいくことにしました。
完成後、予備部品をきれいにして付け替えていく作業に移っていこうと思います。
IMG_7594.jpg
IMG_7596.jpg

今回は、スイングアームとリアホイールを取り付けました。
リアまわりについて記録を残しておきます。
「TLR200のスイングアームとリアホイル」は、スイングアームとフレームの取り付けにワッシャー1枚程度の隙間ができます。
シャフト径もTLRの方が若干太い感じのガタがありました。
またこの場合、リアショックが逆ハの字気味になります。
「XL250のスイングアームにSL250のハブ、ホイール」は、ハブの幅がXLよりもあるので、スペーサーを外してワッシャーで調整する必要があります。
上記2点は、それぞれ改善策で対応できそうですが、やはり本来のXL部品が安心です。
ちなみに現在のところ、XL350とXL250のフレームは、ほぼ同じ物と思われます。
作業は、仕事が終わってからの1時間くらいしかありませんが、少しずつ進めていきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。