エンジン復活!

エンジンが復活いたしました!
タンクを洗浄して、キャブを交換して、ガソリンを1リットル入れて「よっ!」とキックを踏み込みましたが、なかなかかかりませんでした。
プラグを抜いて確認すると、火花が飛んでいません。
このバイクはレーサーなので、配線も単純。
全ての配線を指で辿って、断線などのチェック。
それでもかかりません(涙)
よっちゃんさんのアドバイスに従って、プラグコードの付け根部分を外して、約5ミリくらいをカット。
プラグをさして、再度キック・・・。
やはりかかりません。
もう一度プラグを抜いて、別のプラグを付けてキック!
「おっ」火花が飛んでます!!
もう1度もとのプラグに差し替えてキック!
!!火花が飛んでます!
よっちゃんさんの推測の通り、接触不良をおこしていたみたいです。
火花が飛んだのがわかったので、次はプラグをはめてキック!
・・・かかりません・・。
こんな時は、次の日まで寝かすに限る!
と、いう事で本日、昼休みにバイクを押して表へ。
燃料コックと、キルスイッチを確認してからキック!
「おお~!」めでたく始動いたしました!
エンジンがかかってくれると気持ちも楽になりました。
これからは、さらに冷静に手を加えていきます。
しかし、250のバイクは、ちょっとエンジンをかけただけで、これほど熱が発生するもんなんですね!!
TL50とは比べ物になりません。
エンジンの熱対策はしておかないと駄目かも。
エキパイのフランジが、ボルトを締めても僅かに隙間があいています。
キャブレターのインシュレーターが鉄製です。これもわずかに隙間が・・・。
フロントフェンダーは、このスタイルが意外と気に入って、しばらくこのままの予定です。
こまごましたものが沢山ありますが、もうひとがんばり!!
IMG_1824.jpg
IMG_1825.jpg
IMG_1828.jpg
IMG_1826.jpg

スポンサーサイト

番外編「スバルR-2」

久しぶりに大型書店へ立ち寄ったので、バイクの本でも探ろうとウロウロしていると、「old-timer」と言う雑誌が目に入りました。
この雑誌は、基本的には車の再生(レストア)を取り上げている雑誌ですが、なかなか参考になるので、気が向いたら購入していた本でした。
値段がちょっと高いので、ここ数年は見向きもせずに素通りしてましたが、今回は表紙を見て「おおー!」と手が出てしまいました。
その理由がこの「スバルR-2」です。
昔から欲しくて欲しくて仕方がなかったのですが、修理のことなどを考えるととても無理だな~と諦めていました。
旧車といえば、昔「フェアレディーZ S30」に乗っていました。
この車も大変な車でしたので、この手の車はお金がかかる!と思っています。
しかし、こうやってTL250などを触っていると、「360くらいなら、がんばればできるんじゃない!?」と思うようようになってきました。
う~ん、やっぱり欲しいですね~。いま車持ってないし・・・。
TL250とTL200にお金がかかってしまっているので、R-2は、田舎の軒下なんかに眠っているものをもらいに行こうかな(笑)
そんな都合のよいモノはないか・・・(笑)
sb1.jpg

*TL250は、うっかりミスです。ブレーキとクラッチのワイヤーを逆につけていました(汗)
早速直しました。今日は、PC20のキャブレターを繋げてエンジンをかけてみる予定です。

ブレーキ・クラッチレバー・サイドカバー

磨いたレバーを取り付けました。
サイドカバーは、0.3ミリのアルミ板をチョキチョキ。
ちょっと薄かったかなと思いましたが、一先ずこれをつけて再度形状を見直そうと思います。
シートの固定方法にも頭を悩ませています。
シート裏側のステーが無いので、工夫して取り付けなくてはなりません。
TL250バイアルスは、純正シートが一番似合いますね~。
なんとしてでも、このシートを取り付けようと思います。
IMG_1795.jpg
IMG_1796.jpg
IMG_1797.jpg

TL200RF

TL250バイアルスは、サイドカバーを製作中です。
今日は台紙作りで終了。
台紙の通り、アルミの板を切るだけです。
立体的にはせずに、直接ボルト止めの予定です。

さて、画像は引き取り時のTL200RFです。
見ての通り、欠品だらけです。
現在はバラバラ。
まずフレームの塗装から始めます。
欠品部品は、ネットで探そうと思っています。
最終的には3枚目の画像のRS250が理想です。

yoshidaさん!サスがピロでした!
tl200-1.jpg
tl200-2.jpg
tl.jpg

ハンドルまわり

昨日、アルミタンクにナットとボルトを20個入れてシェイクして掃除しました。
ある程度の錆が取れて、濯ぎ水にも錆がまざっていなかったので、大体OK。
ナットとボトルを取り出しましたが、出てきた数は19個。
タンク内の隙間に挟まってしまったのか、まったく出てきません。
ので、そのままにしておきました。
続いて、ハンドルまわりに作業を移しました。
ハンドルバーは、TOM,sさんで購入した新品をつけます。
ハンドルグリップは、消耗品ということで、今回新品に交換。
レバー等は、再塗装してから後日取り付ける予定です。
いよいよ終盤という感じです。
電装関係は、そのまま使用するしかなさそうです。
そのままでも、ヘッドライトには、電気が行くようになっているみたいです。
ウィンカーやブレーキランプは、LEDを利用すればもしかして上手くいくかな?
などと考えています。
IMG_1672.jpg

後輪を取り付けました。

後輪とリアフェンダーを取り付けました。
タイヤが新しいと、ほんとに引き締まって見えます。
次の作業は、タンク内の掃除です。細かい鎖を買ってきて掃除しようかと思っています。
P8300005.jpg
P8300006.jpg
P8300007.jpg

難関突破!

タイヤレバー53センチの威力です!
それでも結構、力がいりました~。
ゴムがかなり硬くなっていたんですね。
タイヤ外しに1時間、タイヤはめるのに30分でした。
あとは、チューブがビートにはさまっていたりしてパンクしていないかだけが心配。
入念にチェックしながら、チューブを入れてタイヤをはめたつもりなのですが・・。
明日にはわかるでしょう!!
明日は車体に取り付けて、いよいよあと一歩・・・。
まだ電装があります・・。
でも!!あと1歩なんです!がんばります!
P8290001.jpg
P8290003.jpg

リアのタイヤ交換・・・。

スポークを一通り磨いてから、洗剤付きのスチールウールで磨きました。
作業が早く済んだので、タイヤ交換もやってしまおうと思ったのですが、手持ちの道具では、なかなか外すことができませんでした。
タイヤレバーも24センチのものでは短いのですね~。
あした36センチのレバーを買ってトライしても無理だったら、ディスクグラインダーで切ってしまおうと思っています。
バイク屋さんに聞くと40センチから50センチのレバーが必要と聞いたので、これはネットで探して購入することにします。
P8250001.jpg

リア周りの作業へ

フロントの細かい部分は、ボチボチと続けることにして、リア周りの作業に移りました。
リヤタイヤを車体から外して、フロントと同様、スポークを1本ずつ錆を落としていきます。
スポークが短いことと、厚い錆のわりにはすぐに落ちるので、かなり作業が早いです。
今週中には、新品のタイヤに履き替えようと思っています。
P8240001.jpg
P8240002.jpg

もう1つのお知らせ~赤い彗星~

今日はもう1つお知らせが・・・。
わけあって、もう一台作ることになりました。
なので、欠品だらけの不動のバイクを急遽再生いたします。
その名もTL200RFです。
きれいなトリコロールカラーにしようと思っています。
エンジンは、一応200の物がついていますが、これは保存(後ほどレストア)して
イーハトーブのエンジンを積もうと思っています。
でも、かなりのバイクなので再生できる保障はなしです(涙)
一応頑張ってみます。
P8230008.jpg
P8230009.jpg
P8230007.jpg
*あとで調べてたら、トリコロールってガンダムの色みたいですね。そういえば白基調の青と赤色。
TL200のトリコロールは赤基調だから、まあいいか。

リングギア到着!

イーハトーブのフロントブレーキパネルが到着しました!
リングギアが付いていることはネットの画像で確認済み。
届いた箱を開けると、丁寧にリングギアと分けて梱包されていました!
早速取り付けるとなかなか良い具合です。
せっかくだから、ブレーキパネルを並べてみました。
左から「TL250」「エルシノア」「イーハトーブ」です。
大きさもどれも同じようです。
意外とイーハトーブのパネルも使えそうな感じがします。
早速フロントを組上げようと部品をせいりしていると、小さなパーツが・・・。
リングギアがもうひとつあります・・・。
そうです、エルシノアにもちゃんと付いていたようです。
輸送中に外れて梱包用の新聞紙の隙間にまぎれていたようです(汗)
なんともむなしいドタバタようです。
しかし、よい参考にはなったと思います。
実は、エルシノアのギアは、イーハの物よりギアが若干細かい感じです。
ですので、今回はエルシノアのギアを使うことにしました。
よっこらしょと、TL250と格闘しながらフロントを取り付けました。
う~む、見ての通りアルミフェンダーのバランスが悪いですね。
細すぎるし短すぎるし小さすぎるし。
せめて、継ぎ足して長めにしようと思います。
しかし二ヒヒですね。
少しずつ理想の形になってきたんですから!
P8230001.jpg
P8230002.jpg
P8230004.jpg
P8230005.jpg
P8230006.jpg
それと、フェンダーの位置も高いですね~。ステーを作って調整しようかな。

フロントフェンダー装着

手に入れたアルミフェンダーをTLのサイズに合わせて切断。
ガラクタ置き場にしまってあったゴム板をハサミで切り、穴を開けてボルトで固定しました。
ちょっとスリムすぎますが、安かったのでがまんがまん。
後は、注文中のエルシノアのリングギア一式の在庫があればOK。
保険として、イーハトーブのフロントブレーキパネルも格安で落札。
これは明日届きます。さてイーハのリングギアが使えるかどうか!
P8220002.jpg
P8220001.jpg

アルミフェンダー新品

あきらめかけていたアルミフェンダーをゲットしました。
サイズは、ばっちりとは言えませんが、かなり納得の行くサイズです。
また未使用品という事もあってきれいです。
フロントフェンダーは、ややアールがきついので少し伸ばしてみます。
幅が狭いのは仕方ありませんね。でもスリムで良いのではないでしょうか。
リアフェンダーは、長さは調度くらいです。
てっぺんが平たくなっているので、叩いて山を作ろうと思っています。
新品の半額ほどで手に入ったので、満足です。
IMG_1455.jpg

フロントブレーキパネル

やっぱりスピードメーターをちゃんと付けたいと思っていたので、ヤフオクの画像をじっくり観察してようやく見つけたのが、写真右側のブレーキパネル。
どうでしょうか、同じにみえませんか?
左がTL250バイアルスのもの。右側がエルシノア125のものです。
見た目はバッチリ。
付けてみても不具合はなさそうです。
メーターギアだけを使用するつもりでしたが、バラすのが面倒臭いのでエルシノア125のパネルをつけることにします。
それともう一つは、写真にありますTL200のフロントフェンダーです。
このパイプスタビライザーを使用します。
ちょっとづつですが、理想の形になってきました。

*それで、ブレーキパネルをつけて気がついたのですが、もしかしてそれだけではメーターは回らないのかも・・・。
メーターギアはパネル側に付いていますが、それを受ける側にメーターを回すためのギアになるものがみあたりません(泣)
なかなか上手くいきませんね~。
IMG_1443.jpg
IMG_1448.jpg
IMG_1450.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。