部品保管

si-to1.jpeg

si-to2.jpeg

si-to3.jpeg

XL250K3のシートですが、画像のとおりひどい状態です。
裏側はサビでボロボロ。
シートとしては使えませんが、捨てる前に使えそうな部分だけ保管しておきます。
荷台のステーなどに使えそうです。
スポンサーサイト

クラブマンのステムについて

ステムの互換についてですが、やはりと言うか当然というか、違う車種の物は取り付けない方が良いと言う事。
先日、書類なしのXLフレームに取り付けていたクラブマンのステムを外してみると、ベアリングボールが偏っていました。
ステムの打ち直しの必要性が良く分かりました。
かと言って、ステムの打ち直しはできないので、XLのフロントに18インチホイールを取り付ける方法も模索してみることにしてみます。
とりあえず、リム交換で。
スポークをねじ切りして短くする方法なんかどうでしょうか?

仮組

kafe1.jpg
手持ち部品で組み立ててみました。
フロントは三つ又、フォーク、タイヤをGB250の物に。
GB250の三つ又を取り付けるためにやったことは、ステム部分のトップボールレースをTLR200の物に交換。
セパハンは安いものを購入して取り付けてあります。

XL250K3のフレームにGB250のステム

IMG_8574.jpg
IMG_8575.jpg
意外とすんなり取り付け完了。
トップボールレースをTLR200の物と交換することで、GB250のフロントを移植することができそうです。
近々、フロントタイヤとリアタイヤを取り付けてみます。

GB250のフロント一式

IMG_8572.jpg
IMG_8573.jpg
さっそくGB250のフロント一式を手に入れました。
ポン付けなんて期待していません。
まず、シャフト径はGBの方が約1ミリ太そうです。
長さもGBの方が約7ミリ長いです。
実際に取り付けると、ボトムからスルスルと良い感じで入るのですが、トップボールレースで引っかかってシャフトが出てきません。
さてどうしようか・・・と思案していて思い出しました。
以前、XLのフレームにTLRのステムを取り付ける計画があった!
そのときもトップボールレースで引っかかり、取り付けられなかった。
そこを解消したのが、TLRのトップボールレース。
古いパーツをゴソゴソと漁ると出てきました!
たぶんこの部品交換だけで、GB250の三つ又が取り付けられそうです。
ただ少し不安なのは、ボトム部分がしっかり入りきるか?
シャフトの根元が若干太くなっています。
急がず焦らずのんびりやります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。