FC2ブログ

TL250高騰中。

haisennzu.jpg
なぜかTL250が高騰してます。
今まで車両本体が10万円前後で取引されていたのに、この2~3カ月の間に出た車体は、30数万円で取引されています。
生産台数が174台(?)しかないので、希少車であることは間違いがないのですが、なんで急にそんな値段で取引されたのでしょうか?
もう手放す気持ちはさらさらないのでどうでもよいのですが、ちょっと気になります。
さて、ごらんの通りあっさりとしたシンプルな配線図です。
TL250はレーサーなのでこの程度でよいのです。
一応、ヘッドライトとテールランプは付くようになってます。
まずはこのハーネスのどこかにキーをつなげて、走れるようにします。
スポンサーサイト

いいかげん手をつけていかないとね。

handorumawari.jpg
ブログ友達の文鳥さんがXL250K2に乗ってやってきた!
このK2は、日本仕様だとSL250Sになる。(XL250K2も日本で売られていたのかな?)
(*と思ったけど、よく調べたらSL250Sの輸出仕様がK1で、K2はマイナーチェンジモデルみたいです。)
サイドから出るマフラーがカッコいいです。
エンジンは、XL250K1・K2・K3・SL250Sが同じもの。
私のTL250は、ほぼほぼ同じエンジンですが、トライアルレーサーなので、味付けと仕様が少し違います。
でも、これらのエンジンは、バイクのフレームは違えどエンジン自体は共通部品で構成され乗せ換えが可能です。(と思う)
K3で苦労した始動性も、整備が良ければこれほど快調に動くのかと驚いた次第です。
関東から関西を抜けて愛媛で折り返し。そして京都に立ち寄ってくださった。
さすがにオイルの滲みが発生したと言っておられたが、それは仕方がないのかもしれませんねとお互いになぜか納得する。
きれいなK2に対抗して自分のきたないTLを自慢するも、文鳥さんのK2にはやはりかないません。
で、すこしやる気が出てきて、重い腰を上げることにしました。

かたちになってきたよ

291026.jpg
各パーツは、問題なく取り付けができそうです。
小さな問題はいくつかあります。
タンクの取り付け部分が少し曲げられているので、フレームに正常な状態で取り付けられないので、シートの爪がはまらない。
タンクに付いているはずのサイドパネルの取り付け穴が切除されている。
この辺は後回しにして、とにかく動くようにしようと思います。
残りの作業は、ブレーキパッドの取り換え、チェーンの取り付け、ハーネスの制作、照明関係、スピードメーターと言う感じです。
11月中には完成するかな?

雨の日が多くて・・・

ku2910181.jpg
ku2910182.jpg
雨の日が多くて作業がすすみません。
この日も天気予報では、午前11時から雨のようできたので、1時間だけ作業をしました。
つけ忘れのチェーンガード(スイングアームに取り付けるゴム)を取り付け。
スイングアームを外さないといけないので、後回しになっていました。
次にエンジンガードの取り付け。
これはXL250K3の物を使用(ポン付けできます)。
エアークリーナーボックスは、サスを外してフレームを持ち上げないとフレームに入りません。
取り付けたものの、ネジ穴が微妙に合わない。
とりあえずフレームに収めておく。
あとでパーツリストを見ていて、取り付け方が間違っていることに気がつきました。
雨があがったらすぐに直さないと。
それとサスが上下反対でした。これも後日直します。
で、イメージを膨らませるために、リアフェンダーもつけておきました。
TL125のリアフェンダーなので少し細い。
気になるのは、エンジンのオイル漏れ。
前の持ち主の説明にもありましたが、「少量の漏れ」も解決しておかなければなりません。

エンジン載せました。

en2910171.jpg
en2910172.jpg
雨が続いて、なかなか思うように作業ができません。
仕方がないので、雨が止んだ午前中に仕事を休んでのエンジン取り付けでした。
着々と進めていますが、組み立て手順の間違いで、取り付けることができていないパーツや、取り付けわすれがあります。
まあそんなことは後回しにして、その日にできる作業を済ませるようにやっております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。