ライカⅢa

ライカⅢa

まだ使ったことないです。
もともと「カメラ」と言う機材に大変興味があり、いくつかのジャンクカメラを所有しています。
この手のカメラのほとんどは、シャッタースピードの精度が出ていないとか、絞りの羽が固着して動かなかったり。
そんなカメラをできもしないのに「直しながら使ってみたい」と思ってしまうところがバカですね~。
一度フィルムを入れて撮ってみるのですが、ちゃんと写っていないフィルムを見ると、そんな思いも萎えてしまうのが現実であります。
バイクなんかも同じなのですが、中途半端でもバイクの場合は動いてしまうので、細々とやって来れています。
それでカメラなんですが、どうしてもワクワク感を継続できないのは、カメラからオーラのようなものを感じられないからでは?
「こいつを使いこなしてやる!」と思えるカメラを見つけなければ、このモヤモヤした思いは解消されない!
そこでたどり着いたのが「ライカ」のなだ。
35ミリカメラの行き着く先は「ライカ」だと言う一般的な位置づけに拒否を続けてきましたが、50歳を目前にして意地を張ることをやめました。
シャッター幕に若干たるみがあるのが気になりますが、フィルムを1本分撮って見ます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。