エンジン載せました。

en2910171.jpg
en2910172.jpg
雨が続いて、なかなか思うように作業ができません。
仕方がないので、雨が止んだ午前中に仕事を休んでのエンジン取り付けでした。
着々と進めていますが、組み立て手順の間違いで、取り付けることができていないパーツや、取り付けわすれがあります。
まあそんなことは後回しにして、その日にできる作業を済ませるようにやっております。
スポンサーサイト

塗装済のフレームへ

ku291009.jpg
ku291010.jpg
先日バラしたパーツを、塗装済のフレームに取り付けていきます。
手が遅いと言うか古い車両は手ごわいと言うか、サクサクとは進みませんね。
作業の順序はわかっているので、出来る範囲で進めていきます。

まずは分解から

bunkai.jpg
bunkai2.jpg
全部バラしました。
次は組み立て。
久しぶりの作業なので、じっくり考えて組み立てようと思います。

ハーネスの準備

ハーネス1
ハーネス2
ハーネス3
いろいろと検討して、いちばんシンプルな手段で作ってみることにしました。
そこで、配線の手配をと思いまして、すこしもったいないのですがXL250K3のハーネスをバラして使うことにしました。
XK250K3のハーネスは2組あるので、まあよいでしょう。
ちまちまと、手を真黒にしながらバラしましたが、なんとなく勉強になった気がします。

いよいよかな?

IMG_1730.jpg
IMG_1729.jpg
FullSizeRender.jpg
ずいぶんサボりました。
まる1年ですね。
ここで思い切って仕上げてしまいたいと思っています。
悩みの電装は、いろいろと検討しています。
TL250の電装をそのまま使用して、ウィンカーだけ電池稼働させるとか、XL250K3の電装を移植して、12V化にチャレンジなどなど。
悩んでいても仕方がないので、行き当たりばったりでやって行こうと重い腰を上げた次第です。
TL250は使い込まれた車両なので、バラすのにも時間がかかります。
マフラーがはずれなかったり、ネジがゆるまなかったり。
一つの方向として、XL250の電装が使えるかどうか?がTLとXLを比較する上で必須だと思うので、まずはXL250のジェネレーターを外すことにしました。
はずして思ったのが、カバーごと外したジェネレーターをそのままTLに取りつけたら、あっという間に完了してしまうのではないか?と甘い考えが浮かんできます。
実際、TL250のエンジンを観察すると、XLについているニュートラルセンサーの配線を通す穴が、TL250のエンジンにも付いています。
もともとSL250のエンジンを流用しているわけなので、当然なのかもしれません。
はずしたXLのジェネレーターを早々にTLに取り付けたいところですが、肝心のネジがまったくゆるみません。
仕方がないので、貫通ドライバーでたたいたり5-56を吹き付けたりの繰り返しで、時間をかけてはずそうと思います。